会社や仕事の不満

できない仕事をわざわざやるな!!

2017/06/11

 

自分に不向きで、できない仕事を、わざわざ頑張ってやる必要なんてありません!!

 

なんで俺仕事できないのかなぁ

 

【私が記事を書いてます!】在宅ワーカー 中田亮治

愛する人の病をきっかけに、在宅ワークで生きていくことを決意して会社を辞める。

自分と同じ、在宅ワークを望む人を応援したくて、初心者向けのメルマガ講座をやっています!

中田亮治 自己紹介

初心者向け 完全無料 在宅ワーク講座メルマガ

 

どうも、在宅ワーカーの中田亮治です。

 

仕事において、向き不向きっていうのは、とても重要なファクターです。

仕事なんてそういうものだから』とか言いながら、自分に不向きな仕事を続けていては、収入面は勿論、あなたの精神面や周りへの貢献度においても、かなりの無駄であると言わざるを得ません。

 

努力とは即ち、改善して良い方向へ進む為の行動です。

決して、動かず、我慢する事ではありません。

 

という事で今回は、できない仕事を続けない、という事について少し語ってみたいと思います。

 

 

 

自分は仕事ができないと思い込んでいませんか??

『自分は仕事ができない』という悩みは根深く、そして多くの人が抱いています。

しかし、『正しい努力』をしている人は、驚く程少ないのが現実です。

 

あなたは、自分が仕事のできないダメな奴だと思っていませんか??

そう思っている人に、私は1つ問いたい事があります。

 

あなたが思っている『仕事』とは何ですか?

 

あなたができないと決め付けている、その『仕事』とは、一体なんの事を指していますか?

 

……多分、答えられる人は少ないのではないでしょうか?

 

これが例えば、『どうしてあなたは仕事ができないと思うのですか?』という質問になれば、きっと皆さん、下記の様な答えを返してきてくれるのではないでしょうか?

 

  • 人付き合いが苦手だから
  • メンタルが弱いから
  • 要領が悪いから
  • 残業をする体力がないから
  • 物覚えが悪いから
  • 手先が不器用だから
  • 話術が下手だから
  • やる気が出ないから

 

まぁきっと、こんなところでしょう。

ところで、どうして上記ができないと、『仕事ができない』と言えるのでしょうか?

 

例えば、話術が下手なら、確かに対面の営業は苦手かもしれません。

物覚えが悪ければ、SE等の技術職は難しいでしょう。

手先が不器用であれば職人にはなれないでしょうし、残業をする体力がなければ、忙しい業界での仕事は難しいと思います。

 

が、仕事には無限の可能性があります。

話術の下手な人は、技術職にならなれるかもしれませんし、物覚えが悪くても、営業ならできるかもしれません。

人付き合いがどうしても駄目なら、『せどり』の様に、人と関わらない仕事もあります。

⇒人と関わらない仕事15選の真実

 

とにかく、自分の弱点は分かっているのですから、自分にできる事を探してみるところから始めるべきではないでしょうか。

少なくとも、いくつかの仕事が駄目だったくらいで『仕事の全て』が駄目だと思うのは、早計だと思いますよ。

 

 

 

No.1どころか、オンリー1にだってなる必要がないのが仕事

『自分は仕事ができない』と思い込んでしまう人の特徴は、『能力が低い事』ではなく、『真面目過ぎる事』です。

 

よく目にするのですが、明らかに能力的には劣っていないのに、どういうわけか劣等感を抱いている人です。

職場を見渡せば、その人より仕事ができない人なんて何人もいます。

なのに何故か、その人だけが、『自分は仕事ができない』と思い込んでしまうのです。

 

何故か?

 

それは、その人が真面目過ぎる故に、No.1か、もしくはオンリー1でないといけないと思い込んでいるからではないでしょうか。

 

良い言い方をすれば、ストイックです。

悪い言い方をすれば、プライドが高過ぎるとも取れます。

 

上を目指すのは良い事ですが、しかし、それで病んでしまったり、自信をなくしてしまっていては意味がありません。

 

大人なのですから、どこかで妥協は必要です。

自分がそうしたい、そうするのが楽しい、というのであれば、存分に上を目指して下さい。

しかし、意味のない強迫観念や固定観念、プライドに囚われているのであるとすれば、考え方を改めるべきでしょう。

 

あなたがこなす事のできる仕事は、いくらでもあります。

 

 

 

その仕事をしないと、あなたは生活ができないのですか?

1つの仕事に囚われ、それができないだけで『仕事全てができない』と思い込んでしまう人も問題です。

 

人には得手不得手があります。

それはどうしようもありません。

 

苦手な事は苦手なんです。

 

勿論、苦手でも自分がやりたい仕事なんだ、という場合は大いに結構だと思います。

私の持論ですが、好きな事もまた才能です。

 

しかし、そうでない人が1つの仕事に固執する意味が、私には分かりません。

 

苦手で、やりたくないと感じたら、次の仕事を意識するべきなんです。

生活とか、タイミングとか、その辺の事情はあると思います。

大人ですから、それは仕方ありません。

 

が、それでも少しずつ、調査や準備はできる筈です。

次の仕事を、自分に合った仕事を探す努力は、今すぐにでも始められる筈です。

 

例えば、どうして今の仕事が辛いのか?

自分は何が苦手なのか?

それを考えるだけでも、十分に色々な選択肢が見えてくるのではないでしょうか?

 

大人のする仕事は、子供の見る少年漫画とは違います。

何が好きか』で考える事も良い事ですが、別に、『何が嫌いか』や『何が苦手か』で考えても良いのです。

 

その辺りを踏まえ、固定概念をぶっ潰す事も、時には必要です。

耐える我慢ではなく、動き出す努力を行いましょう。

 

 

 

できないのは『やった事のある仕事』だけです

あなたができないと思い込んでいるのは、今やっている仕事か、もしくは今までにやった事がある仕事だけです。

まさか、日本にある全ての職業を経験済みだ、なんて人はいないと思います。

 

よく考えて下さい。

あなたには、いくらでも可能性が残されている筈です。

 

もし今あなたが、仕事ができない、と落ち込んでいましたら、よく考えていて下さい。

できなかったのは、あくまで『あなたが経験した事のある仕事』だけであるという事を。

 

 

 

すべき努力は、自分に合った仕事を探す事

まとめというか、これが全てです。

 

耐える事は努力ではありません。

無理をする事も努力ではありません。

 

努力とは、自分自身がより良くなる為の行動の事を言うのです。

今回の件で言えば、『自分にあった仕事を探す事』こそ、あなたが行うべき努力ではないでしょうか?

 

もし会社へ行くという行為自体が辛いというのでしたら、『在宅ワーク』という選択肢もあります。

本サイトのテーマが在宅ワークになりますので、十分力になれると思います。

 

下記、無料で在宅ワークの講座を行っております。

本職として月収100万円以上を個人で稼いでいる人も多くいる仕事です。

 

無料ですので、会社以外の環境を求めているのならば、是非ご参考にして下さい。

 

 

 

本業としても行える在宅ワーク ※無料講座開講中※

ただいま、無料のせどりノウハウ講座を開催しています。

その名の通り、初心者がせどりを始める為の無料講座ですので、どなたでも気軽に、メールアドレス1つでご参加頂けます。

詳しくは下記をご覧下さい。

せどりが簡単に稼げる理由』について説明していますので、講座に参加しなかったとしても、下記の記事を読むだけで学べる情報がたくさんあります。

※今だけ、無料特典のご案内もありますので、是非ご参照下さい。

⇒ 自由な時間にしっかり稼げる在宅ワーク

-会社や仕事の不満
-, , , ,