在宅ワーク 働き方

介護離職のない働き方【在宅ワーク】

2017/10/24

 

いざ介護をしなければならなくなった時、介護離職の危機がない収入源を持っておくと、非常に心強いです!!

 

介護離職

 

【私が記事を書いてます!】在宅ワーカー 中田亮治

愛する人の病をきっかけに、在宅ワークで生きていくことを決意して会社を辞める。

自分と同じ、在宅ワークを望む人を応援したくて、初心者向けのメルマガ講座をやっています!

中田亮治 自己紹介

初心者向け 完全無料 在宅ワーク講座メルマガ

 

どうも、在宅ワーカーの中田亮治です。

 

私もそうですが、在宅ワークを求める理由のひとつに、介護があります。

普通の会社だと、介護をしながら勤めるのは、中々難しいところです。

そこで、介護離職のない働き方として、在宅ワークが注目を集めているんですね。

 

子育てにしろ介護にしろ、家を離れられないという人は、意外と多くいます。

中には、親の介護の為に会社を辞めざるを得なくなり、そのままお金がなくなって、親子で餓死してしまう、なんていう痛ましいケースもあります。

 

そうならない為の手段の1つとして、在宅ワークで介護しながら仕事をできる状態にしておくという手段があります。

本業並に稼げれば良いですし、そうでなくても、月に5万円程度でも、大きな助けとなる筈です。

 

というわけで今回は、介護離職に備えた在宅ワークについてまとめていきます。

介護離職を乗り切る1つの手段として、是非参考にして頂ければと思います。

 

 

 

介護離職で困らない為に確認しておくべきこと

漠然と『介護離職=とにかく困る』と考えておられる方も多くいるでしょうが、大切なのは、実際にどういう状況になるのかを知っておく事です。

 

特に日本は法治国家ですので、色々な保険制度もあります。

さらに言えば、介護といっても全く家を出られないという場合もあれば、それ程でもないという場合もあります。

 

その辺りの確認事項について、まずは考えていってみましょう。

そうする事で、在宅ワークでどの程度の収入を得る必要があるのか融通さえ効く職場なら就職できるのか否か、等が見えてきますよ。

 

 

 

どのくらいの収入が必要なのか

まずは介護離職してしまった場合に、どの程度の収入がないと生活できなくなるのかを考えておきましょう。

同じ介護離職でも、蓄えや年金がある人と、全く蓄えがない人とでは雲泥の差があります。

 

月に5万円でもあれば楽に生活ができる程度なのか、もしくは、本業並に稼がないといけないのか。

そこによって、やるべき在宅ワークや、難易度も大きく変わってきます。

 

ですので、いきなり在宅ワークに手を出すのではなく、まずは必要な月収を考えてみて下さい。

そうする事で、どんな仕事をどのくらいの量しなければならないのか、が見えてきます。

 

 

 

どのくらい家を離れられないのか

介護と一口で言っても、どのくらい家を離れられないのかは人それぞれですので、そこも確認しておく必要があります。

 

例えば、デイサービス等の利用で夜以外は外出していても大丈夫な場合なら、在宅ワークだけでなく、残業のない仕事ならできます。

しかし、痴呆等があり、全く目を離せないという状況ならば、やはり在宅ワークを検討する必要が出てきます。

 

ですので、まずは自分がどのくらい動けるのかを考えましょう。

それによって、選ぶべき道も大きく変わってくる筈です。

 

 

 

今後どうなっていく事が考えられるのか

現状だけでなく、今後の状況の変化というものも考えておく必要があります。

 

  • 今はまだ自分は元気だが、そろそろ年で動けなくなるかもしれない
  • 今はまだ少しくらい目を離せるが、今後は離せなくなるかもしれない
  • 今はまだ蓄えがあるが、近い将来底を尽きる
  • 今はまだ介護の必要がない両親だが、今後どうなるか分からない

 

等々、状況というのは、逐一変化していくものです。

ですので、今後どうなっていく可能性があるのか、という部分に対する備えは、とても重要になってきます。

 

こういった対応は早ければ早いほど解決しやすいですので、問題を先延ばしにせず、先手先手で解決できる様にしていきましょう。

 

 

 

介護保険等の国の制度はどうなのか

介護保険は使えるのか、その他使えそうな制度はないのか、という事は、絶対に確認しておきましょう。

 

そもそも、日本は法治国家で、『全ての国民は健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有する』となっています。

ですので、介護等で仕方なく働けないという人が餓死をする様な事には、本当はならない筈なのです。

 

ただし、その制度の事を知らず、役所に相談する等の行動をとらなければ、残念ながらその限りではありません。

とにかく困ってどうしようもない時には、市役所に相談に行ってみましょう。

もしかしたら、良い制度を紹介してくれるかもしれません。

 

また、そういった時の為に、税金や年金等、払うべきものは払っておきましょう。

権利を使役するには、義務を守るのが当たり前な事ですので。

 

まぁ、何にせよ、困った時は1人で抱え込まず、人や役所に相談しましょう。

もしかしたら冷たい職員に当たってしまい、軽くあしらわれてしまう場合もあるかもしれませんが、その場合は違う人か、もしくは違う役所で相談する等してみて下さい。

 

世の中冷たい人間はどうしてもいます。

しかしその分、暖かい人間もいる筈ですので。

 

 

 

介護離職のないおすすめな働き方【在宅ワーク】

それではここから、介護離職のない在宅ワークを紹介していきます。

また、ここで紹介する仕事は、基本的に現段階でなんの知識もない人に向けておすすめできる在宅ワークになっています。

多分、特別な知識やスキルはない、という人の方が多いでしょうからね(^^;)

 

ですので、在宅ワーク初心者でもできる仕事を紹介していきます!!

 

 

 

ブログ記事代行

まず私がおすすめするのが、ブログ記事代行です。

仕事内容は読んで字の如く、ブログの記事を代行で書いて納品する、といったお仕事になります。

基本的にクラウドソーシングサイトで仕事を受け、PCで記事作成して送信する、という働き方になりますので、完全に家で完結してしまえる働き方です。

さらに、初心者OKの仕事もありますし、PCとネット環境さえあれば、他にかかる費用がないというメリットもあります。

 

ただし、最初の内は実績がありませんので、単価の安い仕事をこなしていく事になります。

その為、月に数万円程度ならともかく、何十万と稼ごうとすると、かなり難しくなってしまいます。

(中には代行だけで100万円稼ぐライターもいるそうですが、相当な腕と実績が必要な上、かなりのハードワークらしいです)

 

とはいえ、比較的始めやすい上に、実績を積み上げれば継続依頼を貰えたりもしますので、在宅ワークをやった事がないという人にはおすすめです。

 

とりあえず、下記の大手クラウドソーシングサイトに会員登録して、仕事を探してみて下さい。

登録は無料でできます(^^)

 

 

 

 

内職

昔ながらの在宅ワークとして定番の内職をするという手もあります。

単価はあまり良くありませんが、月に数万円でも助かるという状況であれば十分おすすめできます。

 

ただ、私個人としては、内職よりはブログ記事代行の方がおすすめですね。

内職はどうしても細かい作業を要求されますので、介護をしながらだと少し難易度が上がってしまいますので。

 

ただ、PC操作なんて分からない、文章なんて書けない、といった人なら、選択肢に入れても良いのではないでしょうか。

 

下記、主婦の在宅ワークを多く扱っている求人サイトなら、内職系の仕事も比較的多く探せる筈です。

 

 

 

せどり

私が在宅ワーク初心者に最もおすすめしている仕事で、『せどり』というものがあります。

詳しくはこちらで説明していますが、本業並の収入も狙える上で、比較的簡単に覚えられる仕事です。

 

ただし、基本が『安く物を買って高く売る』という仕事内容になりますので、それなりの額を稼ごうと思えばどうしても仕入れ資金が必要になってきますし、簡単とはいえ、少し学ぶ必要もあります。

 

本サイトのメインテーマの1つとして、下記で無料せどりノウハウ講座を開いています。

もし興味があれば、講座を確認してから自分にできるかどうかを判断するという方法もありですね。

メール講座ですので、参加は完全無料ですよ(^^)

 

⇒無料せどりノウハウ講座はこちら

 

 

 

アフィリエイト

何年後かに介護離職が必要になるかもしれない、という方は、アフィリエイトを学び始めるというのもありですね。

自分でサイトを作り、そこに広告リンクを貼って、広告収入を得るという在宅ワークです。

 

アフィリエイトはよく、農業に例えられます。

種まきの時期があり、そして収穫の時期があるのです。

 

アフィリエイトは最初、サイトを作っても、中々成果はあがりません。

最初の数ヶ月~下手をすれば数年は、収入がほぼ0という事も十分あり得ます。

 

しかし、その下積み時代をしっかり踏ん張って努力すれば、将来的にほぼ不労での収入が手に入ります。

正しい知識を得て、努力をしっかり継続する必要はありますが。

 

正しい知識を得る方法として、数十万円を払って個人的なコンサルを受けるという手段もありますが、個人的には下記の2つの教材をおすすめします。

 

簡単に言えばサイトの作り方、アクセスの集め方、文章での物の売り方、等を学ぶ事ができます。

かなり分かりやすい内容になっていますので、今から勉強を始めるのなら、見当してみて下さい。

 

 

SEO(ブログにアクセスを集める方法)を学ぶなら⇒

〇WordPress集客資産オンライン設置講座へのリンク

 

コピーライティング(商品を売る方法)を学ぶなら⇒

〇モジセンへのリンク

 

 

 

介護離職のない収入源を作っておこう

少子高齢化社会という事で、介護離職される方が年々増加傾向にあります。

今はまだ若い人でも、もしかしたらあと数年で介護離職に悩まされる日が来るかもしれません。

 

そういった場合に備え、介護離職のない収入源を作っておくというのは、とても重要な事です。

 

今は関係ない、と思っている人も、良ければ1度考えてみて下さい。

備えあれば憂いなし。

 

今の内に自分にできる事を、色々増やしておきましょう(^^)

 

-在宅ワーク 働き方
-, , , ,