会社や仕事の不満

嫁ブロックを『円満』に突破する方法

2017/06/12

 

昨今、嫁ブロックにより人生の転機後悔を残す男性が増えています

 

今会社辞めるって言った?

 

【私が記事を書いてます!】在宅ワーカー 中田亮治

愛する人の病をきっかけに、在宅ワークで生きていくことを決意して会社を辞める。

自分と同じ、在宅ワークを望む人を応援したくて、初心者向けのメルマガ講座をやっています!

中田亮治 自己紹介

初心者向け 完全無料 在宅ワーク講座メルマガ

 

どうも、在宅ワーカーの中田亮治です。

 

突然ですが、『嫁ブロック』っていう言葉をご存知ですか?

転職、起業、脱サラを考えておられる既婚男性にとっては、決して無視できない言葉です。

 

今回の記事のテーマは、『嫁ブロック』です。

嫁ブロックの意味、そして家族全員が幸せになる為の決断方法について解説しています。

 

それでは早速、下記より説明していきますので、是非ご覧下さい。

 

 

目次

嫁ブロックって何??

嫁ブロックってこんなの?

 

そもそも嫁ブロックという言葉を知らない人の為に解説致します。

簡単に言えば嫁ブロックとは転職や起業といった人生の転機に奥さんからSTOPがかかってしまうという現象の事を言います。

 

例えば、同僚に誘われて起業がしたいとしましょう。

 

そして、その事を奥さんに相談した際に、『安定しないから絶対にダメ!!』と言われ、泣く泣く元の会社で働き続ける事に。

 

んな自分を尻目に、同僚は起業で成功して……

 

といった感じです。

この奥さんからかかるSTOPを、『嫁ブロック』と呼ぶわけですね。

 

 

無論、起業や転職は、必ずしも成功するとは限りません。

ですので、時には奥さんの意見が正しい事も数多くあります。

 

しかし、『やらない後悔よりやる後悔』なんて言葉もあります。

嫁ブロックによって人生の転機に動けなかった男性は、その『やらない後悔』を一生背負い続けてしまう事になるかもしれないのです。

 

これが嫁ブロックの脅威です。

 

この嫁ブロックが原因で転職できず、同じ会社に残り続ける男性が、実はかなりの数存在しています。

 

もし、職場があまりに合わず、多大なストレスを感じている状態なら要注意です。

そんな方が嫁ブロックで身動きできなくなってしまえば、最悪、うつ病になったり、自ら命を絶ってしまったりなんてケースだって考えられるのです。

 

そういった事を回避する為に、我々はこの嫁ブロックという現象をよく理解しておく必要があります。

 

それでは下記より、理解を深める為に『嫁ブロック』について掘り返していきましょう。

 

 

 

『嫁ブロック』は何故おこるのか??

嫁ブロックの原因はなに??

 

さて、ここまでの説明だけを見ると、まるで『奥さんが悪い』かの様な印象を抱いてしまったかもしれませんが、真実は、そういったわけではないのです。

 

そもそも、どうして嫁ブロックがおこるのか?

それについて考えていきましょう。

 

その為にはまず、下記の3つのグラフを見てみて下さい。

 

 

〇『嫁ブロック』をされた事がありますか?

「嫁ブロック」をされた経験はありますか?

 

〇嫁ブロックを理由に内定を辞退した事はありますか?

内定辞退した事がありますか?

 

〇内定先を反対されて辞退した事をどう思いますか?

辞退した事をどう思うか

(引用:http://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3243.html)

 

 

 

上記3つの表は、エン・ジャパン株式会社様が自社の運営する転職サイトでアンケートを行ったものです。

 

ここから分かりますのが、下記の3つです。

 

まず、4人に1人が転職の際に嫁ブロックを経験しているという事実。

そしてその約半数が、嫁ブロックによって転職先の内定を辞退しているという事実。

さらに辞退した人間の6割強もの人が、『辞退して良かった』と思っている事実です。

 

 

さて、この結果をどう見ますか?

 

 

やはり特筆すべきは、嫁ブロックで内定先を辞退した半分以上の人が、結果的に辞退して良かったと思っている点ではないでしょうか。

 

まぁ、あくまで転職しなかった人の中での6割ですので、嫁ブロックを押し切って転職した人も含めれば、実際の数字はもう少し下がるかと思います。

しかし、それにしたって、嫁に止められておいて良かった、と思っている人がそれなりの数いるわけです。

 

 

そう、つまり嫁ブロックには、ブレーキというとても大切な役割があるのです。

 

 

奥さんだって、何もいじわるで嫁ブロックを発動してるんじゃないっていう話ですね。

奥さん自身の生活は勿論、子供の事やあなたの身体の事も含め、色々な心配があるからこそ、そして止めておいて良かったという状況が少なからず存在しているからこそ、奥さんは嫁ブロックを発動させるのです。

 

とはいえ、旦那さんは旦那さんで、色々な理由勝算があって奥さんに話をしている筈です。

※仮にそういったモノがない場合は、大人しく嫁にブロックされておいた方が無難です。

 

嫁ブロックを発動させた奥さんの多くは、そういった理由や勝算を知らなかったり、もしくは半信半疑だったりする為、どうしてもネガティブな方向に考えがちです。

これは上記の表を見ても分かる通り、実際に嫁ブロックというブレーキに止められておいて良かったと思っている男性が数多くいる事から考えても、仕方がない事です。

実際、転職をして後悔している人も少なからずいるという事ですからね。

 

つまり、下記の様な理由が、嫁ブロックを発動させる要因になるわけですね。

 

  • 実際に失敗する事も数多くある
  • 旦那さんの理由や勝算を理解していない為、どうしてもネガティブな考え方になる

 

この2つの要因がある為に、奥さんは嫁ブロックという名の安全装置(ブレーキ)を発動させるのです。

 

 

 

嫁ブロックを発動させない方法

嫁ブロックを発動させる

 

さて、上記までを読んで頂けた方は、嫁ブロックが発動するのにはきちんとした理由があり、決して奥さんがいじわるをしているのではないという事を分かって頂けたかと思います。

 

しかし現実問題、その嫁ブロックも過剰に発動してしまえば、あなたの可能性を潰してしまう可能性が高くなってしまいます。

 

そこでここからは、どうすれば必要以上の過敏な嫁ブロックを発動させない様にできるかというところを紹介していこうかと思います。

 

 

 

日頃のコミュニケーションが過度な嫁ブロック防ぐ

まずは何と言っても日頃のコミュニケーションが大切です。

 

奥さんの立場に立って考えてみて下さい。

 

普段からあまり会話をしていない旦那が、何の相談もなく、急に今の会社を辞めると言い出したとしましょう。

既に中学生くらいの子供も2人くらいいたとします。

 

こんな状況で、果たしてあなたは相手を信頼する事ができるでしょうか?

 

信頼関係というのは、日々のコミュニケーションの積み重ねに他なりません。

その信頼関係が出来上がっていなければ、過度な嫁ブロックも仕方がないと思いませんか?

 

ですのでまず、普段からしっかりコミュニケーションを取る様に心掛けておきましょう。

何度も言いますが、『信頼してくれ』の一言だけで、人は人を信頼する事なんてできません。

 

あなたがしっかり考え、勝算と責任を持って動こうとしているのだと奥さんに分かって貰える様に、普段の会話を通して、奥さんとの信頼関係を築き上げておきましょう。

 

 

 

嫁ブロックを発動させない様に完璧な理論武装を持っておこう

要は、奥さんが安心して納得できる様に、しっかりとした理論武装を持って説明をしましょう、というお話です。

 

当たり前な話ですが、なんだか要領を得ない説明をされて、『絶対に大丈夫』という言葉だけで押し通そうとする夫を見て、信頼する事なんてできません。

 

大黒柱の転職や起業という、家族にとっての一大イベントに対し、あなたにはしっかりとした説明を行う責任があります。

人を養うとは、家族を持つとは、そういう事なのです。

 

そしてその為には、それなりの根拠を持たなければいけません。

いわゆる、理論武装ですね。

 

奥さんを説得できるくらいの理論武装ができるという事は、それだけあなたが転職や起業に対してしっかりとしたビジョンを持てているという事でもあります。

 

自身の確認の意味も含めて、しっかりとした説明を奥さんにしてあげて、安心させてあげましょう。

 

 

 

貯蓄があれば、嫁ブロックは発動しない

まぁ、仕事に関する事ですので、お金の余裕があれば憂いもなくなりますよね。

それこそ、一生を暮らせるだけの貯蓄があれば、仕事に関する文句なんてそうそうでない筈です。

 

そう簡単に、そんな大量の貯蓄なんてできない!』 とおっしゃられるかもしれませんが、それでもある程度の貯蓄があるかないかで、奥さんの反応も随分違う筈です。

 

というわけで、もしかしたら訪れるかもしれない未来の転機の為、貯蓄を備えておくのはとても重要な事です。

嫁ブロックに対してだけでなく、転機が来た時のリアルな助けにもなる筈です。

 

備えあれば憂いなし』と申します。

 

自分が一歩を踏み出す時の為、そしてその時に奥さんや家族を守れる様にする為に、貯蓄はちゃんとしておきましょう。

 

 

 

日頃から家族サービスを怠らない

嫁ブロックには、ちゃんとした理由があります。

決して、奥さんがいじわるで言っているのではありません。

 

……とは言いましたが、ぶっちゃけ、奥さんがいじわるで嫁ブロックを発動する事も0ではありません。

そしてそういった嫁ブロックは、大抵意味のない障害になってしまいます。

 

ですので、普段から奥さんの機嫌を取っておくというのは、実は結構大事な事なのです。

 

それに、普段から家族を顧みない旦那が急に転職したいと言い出す場合と、普段からしっかり家族の為に動いていた旦那さんが転職を言い出す場合では、奥さんの反応が変わるのも当たり前です。

 

ご機嫌取り、と言えば少し言葉が悪いですが、しっかり家族の事を考えているんだ、というアピールの為に、日頃の家族サービスは行っておきましょう。

1度好き合って結婚したわけなのですから、ちゃんと奥さんの事も考えてあげられれば、いじわるもされない筈ですよ。

 

 

 

発動してしまった『嫁ブロック』を円満に突破する方法

円満解決希望

 

ここからは、既に発生してしまった『嫁ブロック』を、なるべく円満に突破する方法についてまとめていきます。

 

嫁ブロックにはブレーキとしての大切な役割もあるのですが、それでも、男として引けない時もあるかと思います。

そういった時に、奥さんに分かってもらう為にはどうすればいいか、よければ参考にしてみて下さい。

 

 

 

嫁に『年収が下がるじゃない』と言われた場合

年収が下がるというのは、分かりやすい損失です。

勿論あなたは、その下がった年収以上の価値があるからこそ、転職なり起業なりをするのだと思います。

しかし、奥さんからしてみれば、単純に収入が下がるというのは目に見えやすい、大きなデメリットなわけなのです。

 

そこで、どうしても奥さんが納得してくれない場合は、副業でその下がった年収分をカバーするという方法があります。

勿論、その分の負担があなたにかかりますが、奥さんに納得して貰う為、そして自身が新しい一歩を踏み出す為、と思えば、頑張れるのではないでしょうか。

 

私のおすすめする『せどり』という方法なら、自由な時間に自由なだけ働けますし、在宅ワークとしても可能且つ利益率や即金制も上々ですので、もしよければ1度試してみて下さい。

 

⇒おすすめの副業 『せどり』について

 

 

 

嫁に『休日がなくなって家族サービスはどうするの?』と言われた場合

要は、『家庭より仕事を取るのか?』 と言われた場合ですね。

 

やりたい事をやる為に、年収が下がって忙しくなって、それでも転職をするという人もいます。

しかしそういった人の枷になってしまうのが、家族という存在なのです。

 

一時的にとはいえ、家庭より仕事を取るわけですので、奥さんの言い分ももっともです。

しかし、それでも引きたくない、諦めたくないといった目標もあるでしょう。

 

そうなったら、もう徹頭徹尾、奥さんに頭を下げるしかありません。

自分の夢の為に奥さんに我慢してもらう部分も増えると思いますので、そこは仕方がありません。

 

また、例えば毎週日曜日だけは時間を空けるとか、月に1回は絶対家族で出かけるとか、そういった具体的な約束をするのも有効です。

 

とにかく、自分の意志を押し通そうとしているわけですから、それを理解した上で、誠意を持って奥さんや家族に接しましょう。

 

 

 

嫁に『その会社(業界)、イメージが悪いわよ』と言われた場合

転職自体は良くても、転職しようとしている会社や業界に不安感を抱いている場合に出てくる言葉ですね。

 

こういった指摘があった場合の突破方法は1つです。

ずばり、理論武装を完璧にして奥さんを安心させてあげる、です。

 

転職しようとしている会社や業界は世間のイメージ程悪くないという事を、丁寧に説明してあげて下さい。

間違っても、否定されたといって怒り出してはいけません。

 

奥さんはただ、あなたや家族を心配しているだけなのです。

嫁ブロックとは、そういった気持ちの表れでもあります。

 

ですので、しっかり丁寧に説明してあげて、話し合って、納得してもらった上で新しい一歩を踏み出す様にしましょう。

 

ただし、あなたの言葉で奥さんを安心させる事ができない場合は、その転職自体を考え直した方が良いかもしれません

 

事実、嫁ブロックで転職を辞めて良かったという人が6割程度いるのです。

あなた自身、しっかり会社や業界の事を理解した上で転職に踏み切る様にしましょう。

 

 

 

嫁に『勤務地が遠くなる』と言われた場合

嫁ブロックの理由として、かなり難しいのが『勤務地の問題』です。

 

なんせ、勤務地が遠くなってしまうという事は、引越しか単身赴任をしなければならないという事で、家族に多大な影響を与えてしまうからです。

 

特に引越しとなると、お子さんの学校の問題なんかもあります。

友達ができた状態で学校を変わってしまうというのは、子供にとってはとても辛い事です。

 

奥さんについても、ご近所付き合いがあったり、お友達がいたりします。

 

かといって単身赴任なら良い、という事でもありません。

どうしたって、家族に多大な迷惑をかけてしまうのが、『勤務地の問題』なのです。

 

この嫁ブロックの突破は容易ではありません。

ですのでまずは、本当に近場ではダメなのか、再度考え直してみましょう。

 

そしてもし本当に遠くでないとダメな場合は、できるだけ条件を譲渡する様にしましょう。

例えば、単身赴任で遠くに住み、土日だけは絶対に帰って来る事を約束する、とかです。

 

きっと、あなたにとってはとても大変な事でしょう。

しかし、やりたい事の為に遠くの勤務地に行くというのは、家族にとってもそれくらい大変な事なのです。

 

ですので嫁ブロックがかかるのも、当然といえば当然なのです。

 

それでも、どうしても、という場合は、とにかく条件を譲り、奥さんや家族の事を慮る様にして下さい。

大切なのは、誠意を持ってお願いをする事ですよ。

 

 

 

嫁に『せっかく大手企業に勤めているのに』と言われた場合

大手企業にはどうしてもブランド制が付いて回りますので、その大手企業を辞めるという事に対する抵抗が大きい人は多いです。

倒産の心配も中小企業に比べれば少ないですし、給料も多い場合が多いですので、わざわざその大手企業を捨てる理由が、きっと奥さんには分からない事もあるでしょう。

 

実際、もしあなたが大手企業からの転職や脱サラを考えている場合は、それ相応の理由があるのだと思います。

しかし世間一般のイメージが強すぎて、どうしてもその理由の方が間違っている様に見られてしまいがちなのです。

 

また、一度大手企業を辞めてしまうと、もうそのルートには戻れない可能性が高いです。

一家の大黒柱が大手企業を辞めるというのは、家族にとって大きな影響を与えてしまうのです。

 

ですので、大手企業を理由に嫁ブロックが発動した場合は、自分が今いる大手企業の話をしてあげた上で、転職先でのメリットを説明してあげるのが良いでしょう。

 

あとは、大手企業でのストレスや長時間残業で身体を崩しそうになっている時は、その状況をちゃんと奥さんに説明して下さい。

そこで下手な強がりをするより、ありのままを話した方が奥さんも分かってくれる筈です。

 

 

 

嫁ブロックが原因で離婚なんて、絶対にしないで下さい!

奥さんに何を言われても、それは愛情の裏返しだったり、不安の表れだったりしますので、絶対に怒らないで下さい

間違っても嫁ブロックが原因で喧嘩して離婚なんて、絶対にしてはいけません!!

 

その為には、あなたが冷静でいられるかどうかがカギになってきます。

 

奥さんからすれば、いきなり転職や起業なんて話をされたわけで、とても冷静でなんていられない状態な筈です。

そこで、話をする側であるあなたが、どれだけ冷静に話ができるか、が重要なわけですね。

 

ですので、何を言われても、冷静に返答をしてあげて下さい。

それは結婚し、家庭を持ったあなたの義務です。

 

もう1度言います。

絶対に嫁ブロックが原因の離婚なんてしない様にして下さいね!!

 

 

 

在宅ワークを選ぶなら、『嫁ブロック対策』は必須っ!?

在宅ワーク……、へぇ~……

 

もし、在宅ワークで生計を立てたいという家庭持ちの方がいましたら、嫁ブロック対策』は高確率で必要です。

何故なら、在宅ワークは普通にやってしまえば、正社員に比べて安定感や収入面で大きく劣ってしまうからです。

 

在宅ワークは、平均時給が300円程度と言われています。

これは、国が定める最低賃金の半分以下になります。

 

また、安定するかと言われると、それも疑問です。

在宅ワークはその殆どが業務請負という形になりますので、お客さんがいなくなってしまえば、正社員の様に保護される事なく仕事がなくなってしまうわけなのですので、当然と言えば当然です。

 

しかし、それはあくまで、在宅ワークのやり方次第になります。

私は、うまくやれば家に居ながらにして正社員以上の収入と安定を手に入れる事は十分可能だと思っていますし、そういった働き方がこれから一般に普及していくとも思っています。

 

なぜそう思うのか?

それについて、下記より説明して行きます。

『嫁ブロック』突破の際の説明にも使えると思いますので、是非ご参考下さい。

 

 

 

嫁ブロック対策① 在宅ワークは『稼げる

在宅ワークは稼げないというイメージが強いですが、やり方次第で稼げます

 

そもそも在宅ワークが稼げない理由は、企業による買い叩きが横行しているからです。

企業からしてみれば、わざわざ在宅ワーカーを使う理由は、低単価で仕事を外注できるから、というものが殆どです。

安かろう悪かろうといったイメージで、我々在宅ワーカーを使うのです。

 

これが例えば、技術職で且つ経験値が高いという場合ならば、それ相応の単価で請け負う事もできます。

しかし、誰にでもできるといった仕事の場合は、もう本当に、安さ以外のメリットが企業側にないといった現実があるのです。

 

そういった理由から、在宅ワークの平均時給300円といった数字が出てきてしまうわけですね。

 

しかし、裏を返せば、買い叩く企業がいなければ、在宅ワークの単価は低くならないという事も言えます。

 

つまり、企業から仕事を貰うのではなく、仕事を作ってしまえばいいのです。

 

正直な話、現状で言えば、それをしないと在宅ワークを本業にするのはかなり難しいと思っています。

特殊な技術やスキルがあっても難しいのですから、何も経験値がない人からすれば尚更です。

 

でも、仕事を作るなんて無理だ……

 

と思っている方もおられるかもしれませんが、努力さえすれば、思ったほどは難しくありません。

 

特に『せどり』というビジネスは、簡単で即金制も高いと言われています。

先に副業として結果を出してから、嫁を説得して『嫁ブロック』を突破するというのも良いかもしれませんね。

 

⇒せどり無料ノウハウ講座 開講中

 

 

 

嫁ブロック対策② 正社員はいうほど『安定していない

終身雇用が生きていた時代ならいざ知らず、現在は、正社員は安定しているとは言い難いです。

特に大企業ならまだしも、中小企業では下記の様なリスクが大きいと言えます。

 

  • 会社が倒産するかもしれない
  • 退職金が出ないかもしれない
  • 給料が全然上がらない企業も多い
  • 無理をさせられ、結局体調を崩して退職するハメに陥る人も多い
  • 年金がでないかもしれない = 1社で単純作業ばかりやっていた場合、老後の仕事の選択肢がなくなる

 

10年後には、今ある仕事の半分が機械に奪われると言われています。

つまり、その技術の進歩に付いて行けない企業は、簡単に仕事を失ってしまう可能性があるのです。

 

さらに、最近は退職金制度がない企業も増えてきましたし、そうでなくても金額の減少傾向が強いです。

事実、私が以前働いていた企業も、40年働いて240万円の計算でした。

 

それから、昇給率も最近は低いですね。

終身雇用、年功序列がなくなりましたので、給料の低い人は、本当に一生低いままで、貯蓄もままなりません。

 

そして、ブラック企業問題です。

40代、50代になってうつ病になり、職を失ってしまう人も増えましたね。

 

そこから、年金の問題まで出てきます。

ぶっちゃけ今30代くらいの人の年金がどうなるのか、検討が付く人がいるのでしょうか?

私は正直、年金は払うだけで貰えないモノと考えています。

そしてその為に、老後も働ける在宅ワークのスキルを身に付けているといった側面もあります。

 

等々……こういった問題から、私は正社員の人にも、副業としての在宅ワークをおすすめしています。

特に老後の問題が深刻だと考えていますので、自分の力で生きていけるスキルと経験を身に付ける、もしくは貯蓄の為に収入を増やす、といった事を進めて欲しいと思っているのです。

 

しかし……ここで正社員には1つ問題が残ります。

 

現状、多くの企業が副業を禁止しているのです。

 

ですので、正社員の多くは、安定しているとは言えない企業勤め1本で生きていくしかないという事ですね。

 

 

一方、在宅ワークは自由です。

何本でも仕事を並列で行えます。

 

ぶっちゃけ、在宅ワークは1本では安定性において正社員に負けてしまうと思います。

しかし、これが3本あればどうでしょうか?

 

月収30万円の中小企業勤め月収10万円の在宅ワークを3本、一体どちらが安定性が高いと言えるでしょうか?

 

私は、圧倒的に在宅ワークを3本の方だと思っています。

 

今のご時勢、収入源を1本に絞る事が大変危険だと思っているという理由が1つ。

在宅ワークには定年がないので、老後の対策にもなるという理由が1つ。

 

こういった理由から、私は、うまくやれば在宅ワークは正社員以上の安定性があると思っているのです。

そして同時に、正社員は安定していない、とも思っています。

 

結構皆様、こういった事実には気付いていない事が多いと思います。

 

ですので上記を説明してあげれば、『嫁ブロック』を発動した奥さんも分かってくれるのではないでしょうか?

 

 

 

上記2つの『嫁ブロック対策』を必死に説明してみて下さい

実は上記2つの『嫁ブロック対策』は、私がこのサイトを作った理由の一端です。

上記の様な現状と、自分の置かれた状況、そして在宅ワーカーが置かれてる実状を想って、私はこのサイトを作りました。

 

ですので実は、上記2つの『嫁ブロック対策』について、私はかなり熱く語る事ができますし、それで人の心を動かす自信だってあります。

 

という事はつまり、上記の説明をすれば、『嫁ブロック』だって突破できる自信があるという事です。

それも、喧嘩になるのではなく、ちゃんと奥さんに理解して貰う事ができる筈だと思っています。

 

ですので、もし上記の2つにご賛同頂けましたら、1度必死になって説明してみて下さい。

うまく理解して貰えれば、きっと『嫁ブロック』も突破できるのではないでしょうか。

 

また、下記、無料のメール講座を開いていますので、もし私の意見にご賛頂ける方がいましたら、無料ですので、1度受講してみて下さい。

※下記はせどりの講座になりますが、後々『私の持つ在宅ワークの全てをさらけ出していきたい』といった野望があります(笑)

 

⇒無料メール講座 開講中

 

 

 

『嫁ブロック』のまとめ 

いつまでもブロックだけじゃねぇぜ

 

それでは、今回の記事をまとめていきましょう。

 

 

 

嫁ブロックを発動する奥さんの気持ちを考えよう

嫁ブロックをする奥さんの気持ちを、ちゃんと理解してあげましょう。

 

嫁ブロックの多くは、家族やあなたを心配するが故に発動されるのです。

そういった奥さんの気持ちを理解する事ができれば、喧嘩になる事なく、しっかりと話し合った上で解決する事ができる筈です。

 

円満に嫁ブロックを突破するのに重要なのは、奥さんの気持ちをしっかり汲み取り、自分の主張だけをしない事です。

 

無理を言っているのは自分であるという認識を忘れずに、誠意を持って話し合いをしましょう。

 

 

 

嫁ブロックを突破するには、責任感と覚悟が必要

嫁ブロックが発動した時、それでも自分の意見を押し通そうとするのなら、そこには責任感覚悟が必要になってきます。

 

奥さんや家族を路頭に迷わせない責任感

例え忙しくて自分の時間がなくなっても、家族の為に時間を使う覚悟

 

それらがないのなら、無理に嫁ブロックを突破しない方が良いと思います。

冒頭でも紹介しましたが、嫁ブロックに止められて良かったと思っている人が6割強もいるのです。

 

嫁ブロックを押し切って仕事を変えるというのなら、そういった事実を理解した上で、責任感覚悟を持って行いましょう。

 

 

 

副業は嫁ブロック突破にかなり有効な手段

転職や起業で最もネックになってくるのは、やはり収入面です。

ですので、嫁ブロックを突破する為に、副業を始めるというのは大変有効な手です。

 

まだ転職の予定がなかったとしても、副業を始めた分は貯蓄に回せますので、将来的に今の会社を脱出したいと考えておられるならば、今の内から副業を始めるが良いと思いますよ。

 

※ただし、会社が副業禁止だったり、あなたが公務員だったりした場合はご注意下さい。

 

 

下記、副業としてもおすすめできる在宅ワークの無料ノウハウ講座を開催しておりますので、よろしければ受講してみて下さい。

 

 

 

※無料講座※ 開催中 副業としてもおすすめの在宅ワーク実践方法

ただいま、無料のせどりノウハウ講座を開催しています。

その名の通り、初心者がせどりを始める為の無料講座ですので、どなたでも気軽に、メールアドレス1つでご参加頂けます。

詳しくは下記をご覧下さい。

せどりが簡単に稼げる理由』について説明していますので、講座に参加しなかったとしても、下記の記事を読むだけで学べる情報がたくさんあります。

※今だけ、無料特典のご案内もありますので、是非ご参照下さい。

⇒ 自由な時間にしっかり稼げる在宅ワーク

 

 

 

-会社や仕事の不満
-, , , ,