定時で帰れる仕事はない

仕事の悩み

定時で帰れる仕事は、残念ながらそこにはない

2018/08/27

 

定時上がりできる仕事、という概念は、実は存在していません

 

【私が記事を書いてます!】在宅ワーカー 中田亮治

愛する人の病をきっかけに、在宅ワークで生きていくことを決意して会社を辞める。

自分と同じ、在宅ワークを望む人を応援したくて、初心者向けのメルマガ講座をやっています!

中田亮治 自己紹介

初心者向け 完全無料 在宅ワーク講座メルマガ

 

どうも、在宅ワーカーの中田亮治です。

 

お金より時間が欲しい、という事で、定時で帰れる仕事を望んでいる方が大勢いる様です。

しかし、『定時で帰れる仕事』を探しても、そんなものはきっと見つからない事でしょう。

 

何故なのか?

 

それは、そもそも『定時で帰れる仕事』なんてものが殆ど存在していないからです。

その辺りについて、下記より説明していきましょう。

 

という事で今回は、定時で帰れる仕事についてです。

是非、ご参照下さい。

 

 

『定時で帰れる仕事』は存在しない

何度でも言いますが、いわゆる『定時で帰れる仕事』なんて存在していません。

ですので、『定時で帰れる仕事』を探していては、中々望んだ形で仕事をする事ができないのです。

 

では、どうすれば定時で帰り、プライベートを充実させる事ができるのでしょうか?

 

その辺りについて、下記より説明していきましょう。

 

 

 

同じ業種でも、仕事のやり方は会社それぞれ

そもそも、同じ仕事をしている会社でも、残業時間はマチマチです。

確かに残業の多い職種と少ない職種はあります。

 

残業が多い職種には、よくIT系の仕事が上げられていますね。

逆に残業が少ない職種は、事務系でしょうか。

 

実は、私はその両方を経験した事があります。

 

IT系の仕事をしていた時は、平均残業が50時間程度でした。

事務系の仕事をしていた時は、平均残業が80時間程度でした。

 

どうでしょう?

私の場合は、残業が多い職種より、少ない職種の方が、実はより遅くまで残っていたのです。

 

つまり、職種っていう情報だけだと、残業時間について確かな事は分からない、という事ですね。

ぶっちゃけ、どんな仕事をしているかより、会社の方針の方が、こと残業に関してはより重要です。

 

にも関わらず、仕事が少ない仕事は何ですか? という探し方をしていては、見つかるものも見つかりません。

『定時で帰れる仕事がない』というのは、そういう事です。

 

そもそも、『仕事』という単位で探す事自体が間違いなのです。

 

 

 

その『定時で帰れる職場』は、もしかしたらかもしれない

定時で帰れる仕事はない、というお話をしました。

では、定時で帰れる会社を探せば良いのでしょうか?

 

残念ながら、その答えでは60点といったところです。

 

定時で帰っている人が多い会社を探す事は重要です。

しかし、そこで満足してしまってはいけないのです。

 

何故なら、どんなに定時上がりの人が多い職場でも、1つは残業の多い部署があるからです。

 

そもそも、定時上がりが多い会社は、どうやって他の会社と戦っているのでしょうか?

 

 

以前、私が見たある会社の話をしましょう。

 

その会社は、社員のモチベーションがとても高い会社であるという事で、見学会なるものを開催していました。

私は、その見学会へ参加したわけですが、話を聞いて、大変大きなショックを受けました。

 

その会社は、社員の事をとても大事にしていたのです。

仕事の効率を上げるには、社員のモチベーションを上げるのが1番である。

そういう信念の元、福利厚生を充実させたり、改善提案を出すだけで褒章が出たり、頑張りが給与にきっちり反映されたり、できるだけ残業を少なくさせたり、本当に働きやすそうな会社でした。

話を聞いた直後は、自分もこんな会社で働きたい! と強く思った程です。

 

……しかし、ふと、ある事に気が付きました。

 

確かに、平社員にとってはとても働きやすそうな会社ですが、しかし、その環境をどうやって生み出しているのだろうか?

そして、見学会で説明をしてくれている管理職の目が、どうにも死んでいるのはどうしてだろうか?

 

……もうお気付きかもしれませんね。

平社員が良い環境で働ける様に、上の人間が尽力しているからこそ、その会社は成り立っていたのです。

 

……という言い方をすると、まだ良い会社に聞こえますので、もっと分かり易く言います。

つまり、上司の犠牲の元、その働きやすい環境は生み出されていたのです。

 

実はこれ、すごくうまくできているシステムです。

出世する前は、すごく働きやすいわけです。

意見は通るし、給料も上がる。

そんな環境ですので、もちろん愛社精神は高まり、その中でも特に会社を愛した人間が、やがては出世していきます。

 

……で、平社員の為の犠牲になります。

その人は平社員時代、会社から手厚い待遇を受けていましたので、会社の事を深く信頼しています。

結果、この会社は素晴らしい、と言いながら、その実、ブラック企業並かそれ以上の激務へと追いやられてしまうのです。

 

実はこれ、心理学でいう所の『返報性の原理』と呼ばれるものです。

人は、特に日本人は、人から何かを貰うと、お返しをしなければならない、と思ってしまう生き物です。

ですので、先にプレゼントをして、その後でこちらの要求を突きつければ、相手を了承させやすい、という図式が成り立ちます。

 

もうお分かりですね?

つまりその会社は、平社員時代に甘い汁を吸わせ、出世させた後、酷い環境で働かせるという手段を用いていたのです。

 

とまぁ、この様な会社もありますので、残業のない仕事、残業のない会社、残業のない部署、残業のない職場、なんて言葉が、如何に頼りないか、理解して頂けた事でしょう。

 

 

 

定時で帰れる人と帰れない人

ここからは、定時で帰れる人と帰れない人の違いについてお話していきます。

 

同じ職場でも、ある人はいつも早く帰っているのに、ある人はいつも残業をしている、という事が多々あります。

人によってはこれを、仕事が遅いか早いかの違いだけだと言いますが、しかし、そんな事は断じてありません。

 

という事で、両者にどういった違いがあるのか、下記より見ていきましょう。

 

 

 

定時で帰れる人はマイペースな性格をしている

定時で帰れる人の多くは、マイペースな性格をしています。

要は、人が残っていようと遠慮なしに帰れる人です。

 

日本人は特にそうなんですが、職場に誰かが残っていると、なんだか帰り難いと感じてしまいます。

結果、帰ろうと思えば帰れるのに、ついつい残業してしまう、という人も多いのです。

 

と、これだけいうと、残業してしまう人は無駄に残業代を得ている、と思われてしまうかもしれませんが、そうとも限りません。

 

人の仕事を手伝う形で残業する人もいます。

その場合、1人だけ突出して残業している、といった状況がなくなりますし、そもそも早くに仕事を片付けられる人なので、その人が仕事を手伝う事で、部署全体で見た残業時間を減らす事だってできます。

 

そういう意味では、早く帰れる人の方が偉い、とは一概には言えません。

 

ただし、惰性で残る場合は論外です。

なんとなく帰りにくいだけ、という場合は、キッパリ帰る様にしましょう。

 

 

 

『お金が欲しい人』はむしろ帰らない

いわゆる生活残業をしている人は、帰れても帰りません。

ぶっちゃけ、会社からすれば百害あって一利なしです。

 

が、会社によっては、この生活残業を容認するところもあります。

要は、それだけベースの給料を低く設定している会社ですね。

 

ちなみに、そういう会社はほぼブラック企業であると言って間違いありません。

生活残業を黙認する会社=忙しい時期には労働基準法を遥かに越える残業をさせる会社、という方程式が、高確率で成り立ちますので。

 

 

 

『定時で帰れない人=仕事できない』は大間違い

ここまで読んで頂いた方はお分かりかもしれませんが、世間で言う所の、『残業する奴=無能』は、必ずしもそうであるとは限りません。

少なくとも本当の無能は、人の仕事を手伝う事なんてできませんから。

 

しかし、それでも残業を減らしたいと思うのが人情です。

であれば、マイペースを貫き通すか、もしくは人の仕事の効率化に努め、職場全体で早く帰れる様にするか、の2つに1つです。

言わずもがなですが、後者を実現する為に残業をする事は、無能な人間にはできません。

 

無能な人間が役に立たずに定時上がりする事が良くある様に、有能な人間が部署全体の為に残業をする事もあるというわけですね。

それを目指せ、とまでは言いませんが、そういう実力者もいる、と覚えておいて下さい。

 

 

 

定時で帰りたい人に向ける対策方法

で、結局どうすれば定時で帰れるんですか? っていうところですよね。

それでは、定時で帰る為の方法を紹介していきましょう。

 

 

 

仕事の計画の立て方を変える

まず、残業が多い人がやってしまいがちなのが、仕事の計画を目一杯の時間を使う前提で立ててしまう事です。

仕事の計画を残業ありきで立ててしまう、という人も多いですが、定時間内で終わる様な計画であったとしても、まだ不十分なのです。

 

1日8時間。

今目の前にある仕事を、8時間目一杯使って付けるという計画を立てると、職種にもよりますが、大抵2時間以上はオーバーします。

 

まず、仕事にはアクシデントが付き物です。

また、アクシデントでなかったとしても、人と足並みを揃えなければなりませんので、計画通りになんて事は進みません。

 

という事は、実際は5,6時間くらいで仕事を片付けられる様な計画を立てなければ、特に忙しい時期には、定時上がりなんてできないのです。

 

ですので、中々定時で帰れない、という人は、1日が6時間しかないという体で計画を立て、仕事をしてみて下さい。

いつもは余裕しゃくしゃくだった時間帯にも急ぐ様になり、結果仕事が早く終わるはずです。

 

 

 

職場での人間関係を整える

職場での人間関係を整える、というのは、2種類のやり方があります。

 

まず1つ目が、マイペースを貫ける職場環境、です。

自分の仕事は自分で責任を持ってやる、といった雰囲気作りですね。

職場の雰囲気というのは、存外重要だったりします。

周りがみんなで助け合っている中、1人だけ定時上がりなんて、中々できる事ではありませんからね。

 

で、2つ目が、助けて貰える人間関係です。

自分1人だけの力では、限界があります。

ですが、自分を助けてくれる人がいれば、結果定時で帰れる日も増えるのではないでしょうか?

 

とは言ったものの、その分あなたも人を助けなければなりませんので、1+1=2の計算で仕事をしていては、何のメリットもありません。

しかし、お互いの得意分野を生かし、うまく連携をとって仕事を進めれば、1+1=3くらいにはできます。

そういう関係を職場内で強く作っていく事ができれば、夢の残業0職場が生まれるかもしれません。

 

 

 

自営業(在宅ワーク)を行う

定時、というのは、あくまで会社が決めた規定時間です。

その点、独立してしまえば、定時なんていう言葉はありません。

実力さえ付けば、自分のペースで働き、自分のペースで休憩する事ができます。

 

ぶっちゃけ、残業が全くない環境なんて、相当なレアです。

特に日本人は、残業が好きな民族です。

そんな日本人が何人も集まった会社で、全く残業せずに過ごしたいと願っても、正直、難易度はかなり高いと言えるでしょう。

 

そういう意味で言えば、いっそ独立起業してしまう方が、難易度は低いかもしれません。

 

特に、仕事ができる故に上司が大量の仕事を振ってくる、という理由で残業が多い人ならば、自分1人でやった方が効率も断然上がるのではないでしょうか。

 

下記、無料で、私が初めて行ったビジネスの無料講座を開いています。

初心者向けに説明していますので、試しに受講して頂ければ、案外大した事ないな、と思って頂けるかもしれませんね。

 

 

 

定時で帰れない人でも、自在に働く時間を決定できる様になる ※無料講座開講中

自分でビジネスを始めれば、好きな時間に働く事ができる様になります。

定時で帰れない日々も、これでオサラバです。

 

……という事で、ただいま、初心者向けに無料のせどりノウハウ講座を開催しています。

その名の通り、初心者がせどりを始める為の無料講座ですので、どなたでも気軽に、メールアドレス1つでご参加頂けます。

詳しくは下記をご覧下さい。

せどりが簡単に稼げる理由』について説明していますので、講座に参加しなかったとしても、下記の記事を読むだけで学べる情報がたくさんあります。

※今だけ、無料特典のご案内もありますので、是非ご参照下さい。

⇒ 自由な時間にしっかり稼げる在宅ワーク

 

-仕事の悩み
-, , , ,